格安な結婚式場の探し方|ありがとうを伝えるために

新郎新婦

自分たちで作る時代

招待状

シンプルデザインに一工夫

結婚式にオリジナリティというのが定番になって久しいですが、招待状も例外ではありません。そこで文房具屋さんに売っているグッズでひと手間かけると、簡単にオリジナリティを出せますよ。型抜きパンチは色々な柄があり、ローズ柄やレース柄など複雑な柄も一発できれいに型が抜けます。このとき表紙と中紙の色を変えておくと良いですね。また最近ではスタンプもウェディング用のデザインがあります。同じスタンプでもインクを変えると印象がガラッと変わりますよ。エンボス加工はフォーマルな雰囲気を演出できます。これらは色々なデザインがあるので、結婚式の雰囲気などに合わせて選びましょう。これらはまだまだほんの一例です。工夫次第でもっと招待状で個性を出すことができますよ。ただしやりすぎは禁物です。

シンプルイズベスト

少し前までは結婚式の招待状と言うと、厚めの上質な紙に金で「寿」の文字が施されたものが定番デザインで、業者に作ってもらう物でしたが、最近は家庭用プリンターが高性能になっていることから、招待状をはじめ、結婚式のペーパーアイテムは自分たちで作るものに変わりつつあります。そのためデザインのバリエーションも実に豊かになっています。ツートーンカラーだったり、和紙を使った和風のデザインなどなど。その中でも人気が高いのは光沢のある白やパステルカラーのシンプルなデザインです。シンプルな分先述したようなアレンジがしやすいですし、もちろんそのままで使っても素敵です。結婚式の招待状は、ゲストが最初に結婚式について触れるアイテムなので、ハッピーな雰囲気を出したいですね。